3月優待でディフェンシブ銘柄フジッコに注目!

スポンサーリンク
優待銘柄分析
スポンサーリンク

日経平均株価が暴落の中、下げない地蔵株のフジッコ

2021年2月末から3月にかけて、米国10年債の利回り急騰により株式市場は乱高下しております。
3月4日の日経平均も前日比628円安の28930円で取引を終了しております。
調整なのか、終わりの始まりなのかは神のみぞ知ると言った所でしょうか。

そんな中で本日ご紹介する銘柄のフジッコは通常運転ですw

株たんより

前日より4円高く引けております。
この様に株価が殆ど動かない株を僕は地蔵株と呼んでいます。

かつての地蔵株として、ピエトロやブルドックという銘柄を紹介した事もあります。
今はどちらもめでたく上昇し、地蔵株を卒業しています。

株たんとアレンジ

その他にも石井食品なども地蔵といえるジャンルです。
実はフジッコについては、最近物色していて見つけたので新しい地蔵株として仲間入りを果たしました。

本日は地蔵株投資のポイントとフジッコの分析をして行きたいと思いますので宜しくお願いします。

地蔵株投資のメリット

なんと言ってもこれは当たり前なのですが穏やかな値動きです。
株式投資に絶対という言葉は禁句なのですが、信じられない位に株価がほぼ動きません。

なので投資で資産を倍にしようと、考えている人は向いていません。
しかし、優待と配当をまったり貰いながら長期で保有しようと考えている人には相性が抜群にいいです。

これは僕の先入観もありますが、優待投資家はどちらかと言うとキャピタルゲインに多くを望まずに穏やかに投資ライフを楽しみたいという人が多いと思います。

なので、毎年株主優待と配当を少しづつ貰って、大きな下落リスクも少ない地蔵株というのはかなり相性がいいと思います。

畳み掛ける様で恐縮ですが、昨年のコロナショック時の地蔵株の強さをご覧ください。
日経平均と比較していきます。

株たんより

窓を開けて大きく下落したのが2月26日からなので、25日から大底の3月19日までのパフォーマンスで比較します。

●日経平均コロナショック
・2月21日:23386円
・3月19日:16552円
→30%マイナス

さすがに厳しい下落ですね。
しかもこれは日経平均全体なので、個別株ではもっと厳しい下落もあると思います。
では地蔵株を見ていきましょう。

●ピエトロコロナショック時
・2月21日:1649円
・3月19日:1593円
→4.4%マイナス

これだと切り抜きの様な印象を受けるので、ピエトロの大底は3月13日の安値で1461円です。
ここと比較してもマイナス12%

しかも2週間でリバウンドしてます。
素晴らしいです。

もう一つのブルドックを見ていきましょう。

●ブルドックコロナショック時
・2月21日:1143円
・3月10日:1092円(最安値)

→4.5%マイナス





















ブルドッグ”は誤り!?祝☆115周年!ブルドックソースのブルドッグ犬マーク : ゆるキャラに負けないよ!ゆるマーク 図鑑(・o・)/













ワンっっ!!!!!!

とんでもない地蔵株ですね。
3月がすぎて下落したりしてるのは、配当と優待が3月末だったので、その関係の値動きなので許容範囲です。

ということで長くはなりましたが、地蔵株の強みを理解していただいたかと思います。

フジッコはいつから地蔵株なのか

散々、地蔵、地蔵と申し上げてますが何も上場してから皆がみな地蔵だった訳ではありません。
かくいうフジッコも地蔵になったてからまだ日が浅いです。
株たんのチャートをご覧ください。

大体、19年の8月くらいから地蔵株としてキャリアをスタートしております。
1900円〜2100円の間でウロウロしている感じですね。

直近の3月4日の終値が1970円なので、可もなく不可もなくと言った水準です。
ただ、フジッコは年1回の株主優待のため地蔵株で優待デビューしたい人は今月がチャンスです。

あくまで投資は自己責任ということと、僕は4日の段階では保有しておりませんので宜しくお願いします。

フジッコの主要指標と業績

続いて投資をする上で重要な主要指標や業績を見ていきましょう。

引用元:バフェットコード より

加工食品メーカーであり、どちらかというとディフェンシブ色の強い銘柄なので特に大きな特徴はなく平均点といえる水準だと思います。

安心なのは財務体質で、自己資本比率が84.1%というのは健全と言えます。
また配当利回りが2%あるのは悪くないといえ、優待もついてくるとなると嬉しいですよね。

地蔵株というのは基本的に値動きが一定の他に、業績が安定していることもマストな条件(だから地蔵)です。

長く保有するにあたり、株価はヨコヨコで優待と配当が貰えて、業績安定で財務健全であれば立派な銘柄だと個人的には思います。

続いて業績です。

引用元:株たんより

売上高は20年3月が過去最高で営業利益は18年が過去最高です。
コロナ時の中食需要を上手く取り込んだ形ですね。

フジッコといえば近所のスーパーに行けば、みかけないことがないくらい置いてあるお惣菜ですので坂路もかなり広いはずです。

加工食品メーカーということもあり、大きく成長していくかと言われると微妙ですが凄いスピードで衰退していくことは考えにくいです。

株主優待について

さて、お待ちかねの株主優待のお時間です。
フジッコの株主優待は、ホームページにも掲載されているので紹介するのが楽です。(コラっ)

引用元:フジッコHPより

100株ですと1000円相当の自社商品です。
僕はカレーが死ぬほど好きなので、もしフジッコの優待が届いたらカレーうどんの素でカレーライスを作って食べたいと思います。

定番のゴマ昆布とかもあり、おにぎりに入れて食べるのも美味しいですね♪
こういう自社商品系の優待が届く事で、投資の理解をご家族様にしてもらうのもいいかもです!

ということで本日はここまでにしたいと思います。
フジッコはもうちょっと詳しく動画で分析するかもしれませんので、宜しくお願いします!

それでは本日はこれにて♪

コメント