高配当優待の稲畑産業を徹底分析!

スポンサーリンク
優待銘柄分析

最近、頭がぼっ〜〜としております。
持株の優待銘柄が全然上昇していないんですよね。

なんなら、自社株を消却というニュースが出てから飛び乗った不妊治療関連の富士製薬という銘柄を買ったらまんまと含み損です。

以前、同じ材料でキトーという銘柄も消却ネタで飛び乗って、デイで損切りしたのですが後日上昇していた為、なんだ結局あがるんじゃん!!

と思っていたらマイナス10%

マイルールのマイナス7%での損切りというルールを破っています。
これは戒めとして100株だけは放置します。

とまぁ愚痴をこぼしたわけなのですが、今日は先日もご紹介した優待銘柄としては知る人ぞ知るであろう銘柄を詳しくご紹介していきたいと思います。

稲畑産業は2021年4月6日現在、20万円以内で買える高配当かつ優待充実銘柄なので長期投資としては結構いい感じの銘柄です♪

スポンサーリンク

稲畑産業は何をやっている会社か

まず一番はここですよね。
どんなことをやっている企業なのか。早速、マネックスの銘柄スカウターからみていきます。

引用元:銘柄スカウターより

化学の専門商社で、創業は120年を超えるめちゃめちゃ歴史の長い会社です。
合成樹脂と情報電子事業が8割を占めます。また海外売上比率も50%を超えます。
売上高は20年3月は6003億円で、営業利益は132億円と利益率はそこまで高くありません。

とはいえ、化学の専門商社って分かりづらいですよね。
企業の資料を読み漁っていましたら、分かりやすい資料がありましたので掲載します。

引用元:IRセミナー資料より

合成樹脂でいえば、お菓子袋用のラミネートフィルムや、化学品ですと自動車のプラスチック塗料やゴムなどの原料と記載がありますね。

最後に競合他社をみていきましょう。

4文字熟語かよってくらい漢字が多いですw
また、化学専門商社としては長瀬産業が上に位置しております。
長瀬産業も歴史の長い企業で掘り出し物優待銘柄の一角として注目しています。

銘柄としての特徴

続いては主な指標などから、ざっくり稲畑産業を見ていきたいと思います。
稲畑産業は会社としてのIR資料でも「バリュー銘柄」と公表してます。

僕もその通りだと思います。
といいますか、指標で見ていくとかなりのバリュー銘柄だと言えます。
株価は直近でみると上昇基調なのですが、まだまだ割安水準に見えます。

PERは10倍を切る9.5倍でPBRは0.6倍です。
一般的にPERは10倍以下(業種にもよる)PBRは1倍以下になると割安と言える水準になるので、現在の稲畑産業も割安水準と言えるのではないでしょうか。
また、20万円以下で投資が可能で配当利回りも3%を超える水準というのも魅力です。

後ほど、稲畑産業の配当還元方針についてはお伝えします。

業績の動向について

まずは直近の21年第三四半期の業績進捗状況をみていきます。

売上高は前年比でみると減少し、営業利益などの利益につきましては微増といったところです。
通期の業績予想と直近の業績推移はこんな感じです。

2019年3月期を境に売上高や営業利益が減少しているのが少し気になります。
続いて配当方針についてお伝えします。

配当金の推移や方針

冒頭で配当利回りは、3%を超える高利回り銘柄であることは申し上げました。
では、実際に会社としての配当金等の株主還元方針についてみていきます。

配当については年々増配している傾向が見受けられます。
ただ、先ほどの業績の部分で収益性は低下している背景もあるため配当性向は上昇傾向にあります。

配当性向とは利益のうち、どれくらいを配当金として還元するかの指標をみるものなので利益が下がるもしくは維持の状態で増配すると配当性向は上昇します。

もともと業績が伸びていくグロース銘柄という立ち位置ではないため、業績の大きな伸びは考えにくく増配を今後も続けていくとなると配当性向を上昇させていいく可能性があります。

そのため、いつか配当金の頭打ちになるかもしれません。
そこで先日発表された一つ、安心材料のIRがあります。

累進配当方針の導入です。
累進配当とは、配当金の減配をしないと宣言するものです。
これを中期経営計画の2023年までは実施すると発表しました。

なので、1〜2年で配当金が減配されるリスクはかなり減りました。
とても安心できる材料ですね。

株主優待の内容

稲畑産業の株主優待は年1回の9月のみです。
クオカード優待なのですが、長期保有制度等もありとても充実しています。

会社のロゴがバシッと入ったクオカードですねw
株数が増えると優待内容も充実する嬉しい内容です!

6ヶ月以上から優待内容がグレードアップし、3年以上が一番豪華になります。
なんと300株で保有をスタートすると、初めは500円3年経過すると5000円です。

これ何が言いたいかとゆうと

優待テンバガー

達成できちゃう訳なんですね。
これは廃止や改悪されない限り、素敵な内容です。
なので是非、優待テンバガー達成者を多数輩出する企業になってもらいたいですw

現在の株価水準

では現在の株価水準です。

引用元:株たんより

直近の全体相場はバリュー銘柄が上昇したり、3月優待銘柄が大きく上昇する傾向が強く稲畑産業もその恩恵に預かっている流れです。

ただ、権利落ち前に下落に転じ25日移動平均線を割っている状況です。
また長期(月足)でみると、株価は高値水準になります。

引用元:株たんより

そのため、バリューなどから見る指標からみると割安でしゃあるのですが、バリュー銘柄は業績の上昇期待は薄いため株価の値位置からみると高値付近かもしれません。

なので、今から投資を考えている人は少し様子みでもいいかと思います。
今から投資をしても9月の6ヶ月以上の対象とならないので、旨味も別にないからですね。

みなさんはどうお考えになりますでしょうか。
本日は僕が個人的に好きな銘柄、稲畑産業についてご紹介致しました。

ここまで読んでいただきましてありがとうございます♪
最近YouTubeではサブチャンネル後はVoicyでて精力的に活動をしております!

こちらも宜しければフォローお願いします( ・∇・)
それでは本日はこれにて!!

因みにこちらのレポートは稲畑産業についてまとまってる素晴らしいレポートです♪
【シェアアンドリサーチレポート】
https://sharedresearch.jp/ja/8098

コメント